無理なストレスからくる更年期障害の症状は危険のサイン

自身で血糖値を下げるには

自身でできる血糖値を下げる方法とは

基本的には血糖値を下げる方法として自身でできることは、偏っている食生活を見直したり、適切な運動を心掛けたりすることです。たとえば食事の場合は、規則正しく主食、主菜、副菜をきっちりと食べる事が大切になります。また、その際に主食は自身に必要なカロリーの半分以下に抑えるようにしましょう。1日を活動する上で自身に必要なカロリーは、年齢や日々の運動量に自身の体型などでも変わってくるため、1日にどれくらいのカロリーが必要かというのは医師に相談して判断してもらいましょう。

食事によって血糖値を下げる方法とは

血糖値を下げる方法の一つとして食事に気をつけるにしても、どういった事に気をつけていけばいいのか具体的に分からない事も多いでしょう。多くの場合、医師に相談した際に食品交換表といったものを案内されます。この食品交換表は糖質を含むものなどやたんぱく質を含むものなど、基本的に普段の食事に必要な栄養素が含まれている食べ物が6つに表として分れています。また、食品交換表には80kcalを1単位として、その食物が80kcalに達するグラム数なども記載されているため、自身で計算がしやすいです。こうした食品交換表を参考にしながら、献立に血糖値を下げる食べ物を採用していけるようにしましょう。血糖値を下げる効果を持っている食べ物はいくつもあり、例えば野菜だとキャベツやほうれん草などの緑黄色野菜などがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加