無理なストレスからくる更年期障害の症状は危険のサイン

薬

糖尿病の危険性

糖尿病は初期段階では気付き辛い病気ですが、気付かずに放っておいてしますと厄介な合併症を引き起こしてしまいます。早期に発見できるようにして、糖尿病の薬などで適切な治療をしていけるようにしましょう。

医者

自身で血糖値を下げるには

糖尿病の予防や改善のため、自身で血糖値を下げる方法としては、やはり日頃の運動や日々の食生活を意識することが大切になってきます。医師などからもらえる食品交換表を参考に、普段の食事を意識しましょう。

ドクター

健康診断に行こう

大阪で健康診断をする際に、どういったところで健康診断をやっているのかをご紹介します。 また、住んでいる都市などで特定の健康診断のクーポンを配布しているところなどもありますので、活用しましょう。

更年期障害になる理由とは

婦人

若い女性に増えている若年性更年期障害とは

人には年齢の差はありますが、誰でも関節痛・骨粗しょう症などの更年期障害が訪れます。基本的には40代から50代ほどで症状が現れてくる更年期障害ですが、最近ではこの更年期が弱年齢化していて、20代や30代でも更年期障害と同じような症状で悩む方が増えてきています。この症状はいわゆる若年性更年期障害といわれています。まだ若いのに更年期障害のような症状が増えている理由は、強いストレスや不規則な生活の他にも、無理なダイエットなども理由に含まれています。

若年性更年期障害になってしまう理由

女性の更年期障害の原因は、卵巣機能が低下してしまうことによって生じるホルモンバランスの変化からだといわれていますが、若い女性でも私生活を送る上でのストレスや、不規則な生活から、ホルモンバランスを崩してしまうことにより症状が出ている可能性が高いです。また、極端なダイエットからくるストレスなどもこれに含まれ、脳がストレスから開放されるために無駄な機能を捨てようとして、卵巣の機能を低下させてしまうことがあります。しかしながら、こういった若年性更年期障害は判断が難しく、場合によっては自律神経失調症や月経前症候群として判断されてしまうことも多いです。そのため、20代や30代の女性で無月経の状態が続く場合などは、早めに婦人科で検査をすることを検討しましょう。単にホルモンバランスが崩れているだけであればストレスや生活を改善していくことで症状は緩和しますが、更年期障害による早期閉経などの場合はホルモン補充療法などの医療的なサポートが必要となってしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加